Skip to content

お肌のトラブルでお悩みの方

ニキビができるりゆうは汚れた毛穴が、炎症が発生してしまうことです。手で顔をちょくちょくタッチする人は気に留めておきましょう。通常手には汚れがたくさんつきまくっていて、顔にその手をもっていくことは顔を汚しているのと同じなのです。乾燥肌には保湿が重要です。とにかく保湿は外からも内からも実施してください。外からとは、肌に直接水分補給を行って、保湿を行うという意味です。顔を洗う時は刺激の低い洗顔料を使うか、何も使用しないでぬるま湯で軽く表皮に付いた汚れを落とすように洗顔しましょう。

顔を洗い終わったら、すぐにお肌をケアすることを忘れないでください。一旦お肌に吹き出物ができてしまうと良くなってもニキビ跡に悩むことがすさまじくあります。気になってしまうニキビ跡を除くには、赤みが残っているニキビ跡にはビタミンC配合の美容液や化粧水で、色素が沈着したニキビの跡にはピーリングジェルが効果が期待できます。

アトピーの人は、どのようなスキンケアが好ましいのでしょう?ご存知かもしれませんが、アトピーの原因は完全に解き明かされていませんから、これこそが正しいというようなスキンケア法や治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)法等はありません。でも、アトピー性皮膚炎の方は、少しの刺激や体温上昇で痒みが出てきますから、基本的には刺激を与えないことが最も大切です。私の母が朝洗顔するときは、石鹸や洗顔フォームで洗うことはありません。母が洗顔するときに用いるのは水だけです。

母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、お肌に必要な皮脂もすべて落ちてしまってお肌に悪いから水だけでいいと、石鹸不用説をよく教えてくれます。

そんな母はですが、65歳という年齢を感じさせずつるつるしています。アトピーにかかっている場合は湿度が低いことによるかゆみも発症する事が多いですから、お肌が弱い人用の入浴剤を使ったり、保水成分が十分に配合されている化粧品を使うと良いですね。

その他にも、軟水を使用して洗顔したり、体を拭いたりすることも悪くありません。軟水は肌トラブルが起きる可能性が少ないことからアトピーの方には適しているためす。

敏感肌の悩みは、水分が足りないために起こることが多いのですが、自分に合わない化粧水であれば、反対に悪化させてしまいます。肌の質感とマッチした低刺激の化粧品を活用して、保湿する事が大切です。

後、ダブル洗顔は肌に悪影響を与えますので、刺激の少ない肌に合うクレンジングで、メイクオフするようにした方がいいです。

乾燥によるお肌のトラブルでお悩みの方のスキンケア方法としては、化粧水を使って乾燥したお肌にたっぷりと水分補給をした後、必ず乳液を付けて、補給した水分を逃さないようにお肌にふたをします。また、体の中からも、潤いを与えることが必要なので、約2リットル分の水を飲用するように努力してみてください。しっかりと水分補給と保湿をして、肌トラブルを解消しみずみずしいお肌を目さしましょう。アンチエイジング(化粧品やサプリメント、整形手術など、色々な手段があります)は、どの時期からはじめればいいかというと早いうちから実行する事が大事です。

遅くとも30代にははじめておかないと間に合わないです。特に目の周辺の皮膚は薄いので、目周りの保湿は絶対にしなければなりません。また、化粧品だけにこだわるのではなく、バランスの良い食生活を送り、正しい生活のリズムをきちんと整えるべきです。シワを防止するためにも、メイクをした日は必ずクレンジングを行うことをお勧めします。これを行わないと、表皮に負担がかかってしまい、シワが発生しやすくなります。後、洗顔する際は、洗顔料を十分に泡立てて、優しく洗顔するようにしてください。粗暴な洗顔や、肌荒れなどが、シワを造る原因になりますので注意してくださいねね。

Published in肌トラブル